新着情報

中期目標「農と暮らしの次代を紡ぐ」 第17回通常総代会

2017.6.28

あいさつする名倉組合長
あいさつする名倉組合長

 JA西三河は6月23日、第17回通常総代会をJA本店で開きました。総代479人(うち委任状による代理人出席1、議決権行使書83含む)が出席し、上程された全11議案と附帯決議案が承認されました。
 冒頭でJAの名倉正裕組合長は、近年のJA・農業を取り巻く環境や経済情勢にふれたのち、JAの事業・経営面での成果や、食育活動表彰にて農林水産大臣賞を受賞したこと、今年度より始まる第6次中期計画の方針などを総代に向けて報告。「JAグループに対して政府からの風当りが強くなっておりますが、どのように時代が動こうとも、我々JAの基盤は常に組合員の皆様であり、組織運営、事業改革は、常に組合員皆様の目線に立った取り組みが重要であると認識しております。厳しい経営環境は続きますが、将来にわたって組合員、利用者の皆様に安心してご利用頂けるよう、役職員一丸となってJA運動に邁進してまいります」と話し、JA事業への参加と協力を求めました。
 議事では、平成28年度の事業報告・剰余金処分や定款の変更などの11議案(下記)について原案通り可決しました。
 平成29年度以降3年間を対象とする第6次中期計画では、基本方針を「農と暮らしの次代を紡ぐ」とし、農家所得の向上と地域の活性化に向けて様々な施策を検討・実行します。

 また、総代会後の臨時理事会で役員改選が行われ、代表理事組合長として名倉正裕氏を再選しました。

 

 

JA西三河 役員体制(平成29年6月23日~)
代表理事組合長 名倉正裕
専務理事 齋藤種治
常務理事 和田宏之
常務理事 都築敏和
代表監事 山田茂
常勤監事 加藤英幸

 

 

承認された平成29年通常総代会上程議案

報告事項
平成28年度の貸借対照表、損益計算書、注記表の内容及び附属明細書並びに全国農業協同組合中央会の監査報告及び監事の監査報告について

決議事項
第1号議案     平成28年度の事業報告及び剰余金処分案について
第2号議案     定款の一部変更について
第3号議案     全国農業協同組合連合会が行う農業経営事業に関する同意について
第4号議案     農地利用集積円滑化事業規程の一部変更について
第5号議案     宅地等供給事業実施規程の一部変更について
第6号議案     平成29年度事業計画の設定について
第7号議案   役員の選任について
第8号議案    平成29年度における理事及び監事の報酬額について
第9号議案     退任役員に対する役員退職慰労金の支給について
第10号議案     農産物の受検及び代金等の受領手続きの委任について
第11号議案     中期計画の設定について

附帯決議(案)
この総代会において決議した事項のうち、権利義務に関係しない軽微な事項の修正及び違算・誤字の訂正並びに法令その他行政庁の指示等により補正変更を必要とする場合には、その主旨に反しない範囲内においてその変更を理事会に一任する。