新着情報

西尾祇園祭・踊ろっ茶西尾2017にJA西三河チーム参加、インパクト賞受賞

2017.7.18

ちょリスうちわで「JA」の形を作るJA西三河チーム
ちょリスうちわで「JA」の形を作るJA西三河チーム

 7月15日から17日の3日間にかけ、2017西尾祇園祭が西尾市の中心市街地で盛大に繰り広げられました。最終日となる17日には、第23回市民総踊り「踊ろっ茶・西尾! !」が行われ、地元の祭りを盛り上げようと、JA西三河から若手職員を中心とした約80人の有志チームが参加しました。
 チームのメンバーらは「西尾小唄」に合わせ、ちょリスのうちわや鳴子を手に、『JAラブ!』の掛け声に合わせて「JA」の文字を作るなど、パワフルで息の合った踊りを披露し、元気のいいJAをアピール。完成度が評価され、特別賞のひとつであるインパクト賞を受賞しました。同JAチームは前年グランプリを受賞しており、JAチームによるグランプリおよび特別賞の受賞は6年連続。

表彰式でステージに上るJAチーム
表彰式でステージに上るJAチーム