新着情報

一色西部小5年生が稲刈り体験 「米づくり体験授業」の稲刈り体験学習今年もスタート

2017.9.7

稲穂を手にする児童ら
稲穂を手にする児童ら

 JA西三河が市内の小学校・西尾市と連携して行っている「米づくり体験授業」の稲刈り体験授業が今年も始まりました。9月5日、西尾市立一色西部小学校の5年生児童63人が、同小学校付近の水田にて稲刈りを体験。同小付近で米づくりを行う農家の三矢浩隆さん、倉内恒典さん、前田章雄さんとJA西三河の職員らが講師を務めました。
 児童らは、鎌を手にして水田に入り、立派に実った稲を刈り取りました。また、コンバインでの収穫や脱穀も見学しました。児童らは「米がたくさん取れてよかった」「手作業だと時間がかかったけど、機械でやるとすごく早く終わってすごいと思った」などと感想を話していました。
 同小5年生では総合的な学習の時間を利用して米づくりを学習しており、同小付近の約30㌃の水田を「しあわせ農園」と名付けて実際に米づくりを行っています。5月に米「コシヒカリ」の苗を植え付け、出穂期の7月にはかかし作りを行いました。また、米に関するグループでの調べ学習やバケツ稲作り・観察も行っています。今年の冬には、この日収穫した米を利用して収穫祭を行い、児童らが押しずし作りに挑戦する予定です。
 JA西三河では西尾市内の18小学校で米作り体験授業を指導しており、今後9月から10月にかけて各小学校で順次稲刈り体験の指導を行います。