新着情報

平坂支店新店舗起工式 来年5月のオープンに向けて着工

2017.10.30

平坂支店新店舗(イメージ)
平坂支店新店舗(イメージ)

 JA西三河は10月30日、平坂町の旧Aコープ平坂店跡地にて平坂支店新店舗の起工式を行いました。
 起工式にはJA役職員のほか、近隣の団体の代表者、施工を担当する黒柳建設㈱、設計監理を担当する㈲酒井設計室などの関係者らあわせて約50人が出席し、地鎮祭の神事が執り行われました。
 JAの名倉正裕代表理事組合長は施主挨拶として「平坂支店は昭和55年に建設されて以来約37年が経過し、老朽化が進むとともに、事務量増大に伴う手狭感、また近傍の開発による人口増加等、地域の生活環境も大きく変化しております。そのような中、組合員様始め、利用者の皆様方の安全性と利便性を考慮し、当地に新店舗を建設をさせていただく運びとなりました。この間、設計監理をお引き受けいただいた有限会社酒井設計室様には、新店舗建設に関わる様々な場面でご指導とご協力を賜り、心より感謝とお礼を申し上げます。また、今回、建設工事をお引き受け頂く黒柳建設株式会社様には、今後、来年5月の新店舗竣工までの7ヶ月間の長期にわたり大変なご尽力をお願いすることになります。工事の安全と建物の無事完成をよろしくお願い申し上げます」と話しました。
 今回の新店舗建設は、現・平坂支店の老朽化に伴う施設更新として行うものです。新店舗は敷地面積3667.35㎡・延べ床面積1065.4㎡の鉄骨造2階建てで、信用・共済・営農・購買の各事業を扱う総合支店としてオープンし、ATM・全自動貸金庫・集会用ホール等を完備。敷地は県道43号線と生活道路に面し、組合員・利用者が入りやすい設計としています。JA西三河の総合支店の新店舗建設は、今年5月竣工の幡豆支店に続く2店舗目です。
 新店舗建設工事は来年5月中に完了し、5月下旬に竣工式・営業開始の予定です。

起工式で刈初の儀を行うJAの名倉組合長
起工式で刈初の儀を行うJAの名倉組合長