新着情報

農業政策について西尾市へ要請 榊原市長に要請書手渡す

2016.12.20

榊原市長(右端)へ要請書を手渡すJAの名倉組合長(右2人目)ら役職員
榊原市長(右端)へ要請書を手渡すJAの名倉組合長(右2人目)ら役職員

 JA西三河は12月19日、西尾市へ農業施策に関する要請を行いました。
 JAが市へ要請を行うのは今回が初の試み。担い手の高齢化や耕作放棄地の増加などの課題や、TPPに関する国内外の情勢変化などを受けて行うもので、農業者とJAの取り組みについて市の理解・支援を得ることとあわせ、次年度以降の西尾市の農業施策に対して提言を行い、農業所得向上に向けて行政の協力を得ることを目的としています。
 この日、JAの名倉正裕代表理事組合長ら役職員が市長室を訪問し、11項目からなる要請書を西尾市の榊原康正市長へ提出しました。市担当者はそれぞれの要請について詳細に回答し、意見や情報を交換しました。
 農業政策の要請については次年度以降も継続して行う予定です。

 

 

【要請項目】
1:無人ヘリコプター防除に関する広報について
2:佐久島内における耕作放棄地の対応
3:「西尾の抹茶」のブランド化に向けたフェロモン剤に対する助成について
4:キャラクター活用について
5:農業生産組織への補助金の上乗せについて
6:物産展・産業フェアへの参加による6次産業化産品のPRについて
7:新規就農者への農地取得の下限面積の見直しについて
8:フラワーウォークの充実について
9:花育活動の拡大について
10:遊休農地を有効活用した畑作物の振興について
11:都市農業振興について