新着情報

県知事賞に梅田徳弘さんの「紅ほっぺ」 いちご部会品評会

2017.1.20

外観などを基準に審査を行う
外観などを基準に審査を行う

 JA西三河いちご部会(大西一実部会長)は1月17日、第6回目となる品評会をJA小牧センターで開きました。最高賞の愛知県知事賞には梅田徳弘さん(西尾市西幡豆町)の「紅ほっぺ」が輝きました。
 品評会には同部会の部会員が、「章姫」46点、「紅ほっぺ」51点の合計97点を出品。審査は愛知県西三河農林水産事務所農業改良普及課西尾駐在室の兵藤宏幸室長補佐ら13人の審査員が担当し、外観や食味、糖度などを基準に審査。県知事賞含む特別賞14点、入選20点が選ばれました。
 審査長を務めた兵藤室長補佐は、「本年度は夏の育苗期の病害発生や9月中旬から10月上旬の記録的な日照不足により、部会員の皆様も栽培管理にご苦労されたことと思います。出品されたイチゴは、いずれの品種においても外観および食味等が優れるものが多数あり、部会員の方々の努力の成果といえます。上位入賞品は、形状、着色、光沢とも揃いがよく、食味も良好で大変優れ、日頃の管理の成果が現れていました」と講評しました。
 同部会は西尾市内のイチゴ生産者97人で組織し、約16.7㌶で約1100㌧を生産し、県内の他石川県・新潟県の市場に出荷しています。販売金額約10億9000万円は県内トップ。生産品種は「章姫」「紅ほっぺ」の2種で、生産量の半分以上を占める「章姫」については高設栽培を行っています。

 

愛知県知事賞以外の特別賞に選ばれたのは次の皆さん(敬称略、カッコ内は品種)。
西尾市長賞=澤清市(章姫)
西尾市農業改良推進協議会長賞=石田逑史(章姫)
愛知県農業協同組合中央会長賞=篠瀬澄雄(章姫)
愛知県経済農業協同組合連合会長賞=神谷民子(紅ほっぺ)
セントライ青果株式会社 社長賞=酒井治男(章姫)
丸協青果株式会社 社長賞=冨永弥(紅ほっぺ)
愛知県中央青果株式会社 社長賞=柵木正和(章姫)
丸果石川中央青果株式会社 社長賞=浅岡利男(紅ほっぺ)
新潟中央青果株式会社 社長賞=井土とみ子(章姫)
愛知県いちご生産組合連合会 会長賞=石川良雄(章姫)
愛知県養蜂協会 会長賞=黒部浩(紅ほっぺ)
西三河農業協同組合 組合長賞=蛭川三起子(紅ほっぺ)
JA西三河いちご部会 部会長賞=手嶋富夫(紅ほっぺ)