新着情報

家の光クッキングフェスタ2017 地場産の食材を使った料理ふるまう JA西三河女性部

2017.2.17

料理を盛り付ける女性部役員と参加者ら
料理を盛り付ける女性部役員と参加者ら

 JA西三河女性部は2月11日、Aコープ桜町店にて家の光クッキングフェスタを開きました。テレビ番組『キユーピー3分クッキング』の講師としておなじみの宮本和秀氏を講師として招待し、『ひとりひとりによい食を にしみかわの「よい食」いただきます!』をテーマに、試食会や講演などを行いました。女性部員や家の光購読者約200人が参加しました。今回の開催は8回目。
 試食会では、宮本氏による「鶏肉とごぼうの混ぜおこわ」「ブロッコリーの黄身酢和え」など、女性部員の提供した地元産食材を使った5種のオリジナル料理をふるまい、レシピを紹介。講演会では、「皆で育てる地域の食材」と題して、宮本氏が昆布とかつおのだしの取り方を実演しつつ、地元産野菜を上手に料理するコツを講演し、「ニンジンやダイコンも季節ごとに甘みや旨味が違う。大切に食材を扱い、自分のため、家族のためにレパートリーを増やしていってほしい」と話しました。
 JA西三河の名倉正裕組合長は「『四里四方に病なし』の言葉のように、地元で採れた農産物をたくさん食べていつまでも元気でいてほしい」、女性部の杉浦八千代部会長は「本日使用した食材は全てAコープで揃います。前日から女性部員も仕込みを手伝い、宮本先生と一緒に作りました。ほんの短い間ですが、楽しいひと時を過ごしてください」とあいさつしました。