新着情報

除草剤の知識を深めようと勉強会 営農部若手委員会

2017.4.12

参加者に向けて資材のチラシを手に解説する㈱金星商会の担当者
参加者に向けて資材のチラシを手に解説する担当者

 JA西三河の若手営農部職員で組織する営農部若手委員会は4月10日、同JA小牧センターで除草剤に関する勉強会を開きました。JAが3月から開いている除草剤キャンペーンに合わせ、自分たちの取り扱う除草剤に関する知識を深めようと同委員会が企画したものです。
 当日は、今年4月から営農部に配属された新入職員3人を含む18人の若手営農部職員が参加。資材メーカーの担当者が講師を務め、雑草の種類・農地の広さの単位・ジェネリック農薬に関する事項から、キャンペーンで取り扱っている除草剤各品目の使用時期や効果・特長、勧めるべき場面や注意点等を参加者に向けて解説しました。解説の後の質疑応答では、参加者から盛んに質問があり、それぞれの職務の中で感じたことや疑問点などを積極的に質問していました。
 参加した職員からは「判りやすかった」、「除草剤の使い分けについてよくわかった」などの声が上がりました。営農部若手委員会の委員長を務める同JA小牧センター畜産担当の齊藤久倫さんは「長く営農に携わっているが、今日の話には知らない情報が多かった。営農職員が知っておくべき情報について興味をもって学べたと思う。勉強会に限らず、メンバーのスキルアップのため今後も委員会活動を続けていきたい」と話しています。