JA西三河のこと

キャンペーン記念品に西尾産農産物や産直店舗の商品券提供 金融事業利用者へ地域農業を身近に


農業応援チケット


スプリングキャンペーンのチラシ

 JA西三河では、春・夏・冬に行う定期貯金・定期積金のキャンペーンの記念品として、西尾産の農産物の当たる抽選券や、JA産直店舗で利用できる商品券を配布しています。

 2017年3月から4月にかけて実施したスプリングキャンペーンでは、定期貯金を契約した利用者に対して、管内のAコープ・産直店舗で利用できる「農業応援チケット」を配布しました。事業間の連携を通じて金融事業の利用者をJAの産直店舗へ導き、店舗PR・売上拡大とあわせて、産直農家の所得向上につなげることを目的としています。
 チケットの額面は1枚300円で、スーパー定期(3年もの)を30万円以上契約した利用者に対し、30万円ごとに1枚を進呈。スプリングキャンペーンのチラシ裏には「JAの産直店舗マップ」を掲載し、産直店舗の利用経験のなかった利用者もスムーズに店舗へ誘導しました。この「産直応援チケット」は期間中に総額約250万円分を配布し、5月末までに9割以上が利用されました。

 またJAでは金融事業のキャンペーンの際に、西尾市産の米「矢作の恵」やイチゴ、コチョウラン、産直野菜の詰め合わせなどの農作物を提供し、金融事業を中心とするJA利用者に地域農業の魅力を発信しています。JAでは今後も、管内の農業を身近に感じていただけるようなキャンペーンの企画などを提案してまいります。

関連ページ

(2018.6)