JA西三河のこと

JA西三河の事業紹介

JA(農業協同組合)の事業とは?

 JA(農業協同組合)は、相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的として作られている協同組合です。

 JA西三河は、営農指導事業、購買・販売事業、利用事業などを通して管内農家をサポートするとともに、信用事業、共済事業、生活指導事業など、地域のニーズに合わせた幅広い事業を手掛けています。

西尾市の農家の助けに
営農指導事業 購買・販売事業

 当JAは、営農指導事業・購買事業・販売事業などを通して西尾市内の農家の農業生産・農業経営をサポートし、地域の農業の振興のために貢献しています。

 営農指導事業は、病害虫防除や肥培管理、新しい生産設備や技術の運用にかかるノウハウなどを提供し、管内農家の技術力と生産性の向上に貢献。また、青色申告指導などの税務指導を通し、円滑な農業経営のサポートを行っています。その他営農指導事業の一環として、各種生産部会の育成や、『にしお農業塾』等を通した新規就農者の育成、JA西三河青年部を通した若手農業者の交流と育成、広報誌「にしみかわ」やホームページを通した地域農業への理解促進も積極的に実施しています。

 購買事業は、組合員の農業生産に必要な肥料や農薬、出荷用段ボールなどの資材を取扱っています。計画的な共同仕入れにより、質の高い生産資材を農家に供給しています。

 販売事業は、組合員の生産する米穀類、野菜、果物、花卉類、畜産物を集荷し、市場やJAあいち経済連に販売する事業です。消費者ニーズを的確に把握し、規格、品種等を揃え、有利販売のために努力しています。近年の農産物輸入の増加、消費者の安全・安心志向の高まり、JAの役割も増大しています。

 その他利用事業として、個々の生産者では持つことが困難な施設をJAが建設し、農家が利用できるよう提供。ライスセンター・カントリーエレベーターなどの米穀の乾燥調製施設、野菜、果物、花卉類の出荷用施設や、イチゴの育苗施設などを建設し、農家のために役立てています。他にもJAは地域の農業を守りサポートするため、農産物検査業務、農地利用集積円滑化事業、農機自動車センターでの農業用機械の販売・修理・点検などの事業を手掛けています。

新鮮な西尾産野菜を食卓へ 産直事業

 当JAは管内に4店舗の産直店舗を設置しており、管内のAコープ5店舗にも産直コーナーを設け、西尾市内の農家が生産した新鮮な産直野菜を消費者の元へ届けています。

 産直店舗や産直コーナーを持つ各店舗には産直部会をおき、産直店舗へ出荷する生産者への栽培指導会や出荷規格・出荷資材の取りまとめなどを行っています。また、新規就農者育成事業と連携して就農を助けるとともに、農産物を販売できる農家への育成も図っています。

 また、管内で採れた野菜や果物を利用して加工品を開発・販売し、「西三河の自然の恵」のブランド名で販売。農家の所得向上に貢献するとともに、西尾産の農産物を地域内外にPRしています。

安心・便利な金融サービス 信用事業

 JAの信用事業は、貯金・融資・為替などの金融機関としての業務を行っています。JA、信連、農林中金という三段階の組織が有機的に結びつき、JA系統金融(通称:JAバンク)として大きな力を発揮。農家だけでなく地域のどなたでもご利用できる、安心で便利な総合金融サービスを提供しています。

 貯金業務は、当座性貯金をはじめ定期積金やスーパー定期など目的、期間、金額にあわせてご利用いただけます。融資業務は、各種ローンをはじめ、農業者、事業者に必要な資金をご融資しています。為替業務は、全国のどの金融機関でも送金や手形、小切手の交換が安全、確実、迅速に取り扱いできます。

 JAではその他にも、国債や投資信託の窓口販売、両替業務、キャッシュサービス、デビットカードサービスなどのサービスを行っています。

 また当JAでは、年金をお受け取りの方々の明るく豊かな暮らしのため、「年金友の会」を組織しています。年金友の会では、支部単位での親睦旅行やスポーツ大会、趣味のクラブ活動などを開催し、シニアの生きがいづくりのために貢献しています。

「もしも」のときに備えて 共済事業

 JAの共済事業は、地域に密着した「ひと・いえ・くるま」の総合保障を主眼とする、組合員・地域住民の生命および財産を守る事業です。「ひと」の保障としては、「終身共済」「養老生命共済」「こども共済」「年金共済」等があります。「いえ」の保障として「建物更生共済」、「くるま」の保障には「自動車共済」「自賠責共済」などがあります。

 当JAでは、共済専門の渉外担当者としてLA(ライフ・アドバイザー)をおき、定期的な訪問活動を通してニーズに合った共済契約の提案をするとともに、請求漏れ等の確認等を通じ地域の方々に安心な生活を提供しています。

地域の方々の豊かな生活をサポート
生活指導事業・その他事業

 生活指導事業として、JA西三河女性部の活動を支援し、料理教室や女性セミナーを通して生活改善に貢献。また、健康診断や人間ドックの開催を通して、組合員や地域の方々の健康な暮らしを支えています。

 他にもJAでは家事支援総合サービス「くらしのパートナー」によるハウスクリーニング・リフォームの提供や、ホームエネルギー(LPガス)事業、旅行センターによる旅行事業、子会社である(株)西農開発の宅地建物供給事業など、地域のニーズに合わせた様々な事業を手掛けています。

 また、Aコープの店舗運営を(株)エーコープあいち、SSでのガソリン・灯油・営農用重油の供給事業を(株)JAあいちエネルギーに経営委託し、県域全体で専門性の高い店舗運営を行っています。

JA西三河の地域貢献活動

 上記の各種事業のほか、JA西三河は食農教育活動などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

 食農教育活動としては、管内の米農家と協力し、西尾市内の小学校で「米づくり体験授業」を開催。またJA西三河女性部とともに「家族食・農体験農場 親子で学ぶ日曜学校」などを行っています。また、助け合い組織を通した高齢者の方のためのミニデイの開催を通じて、高齢者が元気に安心して暮らせるようサポートしています。